黄粉を使ったミルクパンケーキの作り方

kinako1
簡単に作れるパンケーキです。パン焼き器などで焼くより、ボール一つで作れるので、後片付けが楽ですし、手早くできますからおやつなどに重宝します。砂糖を少なめにしたり、様々なドライフルーツを入れたりしてお好みで作れます。その材料ですが、主体は黄粉ですので、多めに入れましょう。

<作りかた材料>
中力粉なら200グラム、薄力粉170グラム位にプラス強力粉30グラムでもいいでしょう。マーガリンかバター適量を入れ、黒砂糖子もお好みでいいのですが、大体子さじ4~5杯位、黄粉を大さじ二杯位、膨らし粉18g位計量します。全部一度混ぜます。そこに、低脂肪業乳を入れ混ぜていきます。様子を見ながら適量に入れます。(耳たぶ程度の柔らかさが目安です。)大体混ぜたら、ここに干しぶどう好みで適量入れます。わが家では、ここに健康も兼ねてクルミを 入れます。これをオーブンで焼くだけです。余熱使いで220度で設定し、22~23分位で焼きます。焼きあがったら、ここにバターかマーガリンを塗ります。そのまま、放置しておくと焼き目がついます。5分位放置しておいてもいいでしょう。

低脂肪牛乳のかわりに豆乳を使ってもいいです。この場合は、スキンミルク大匙3杯くらい加えますと、味がマイルドになります。りんごジュースやオレンジジュース、野菜ジュースなどで溶いても、おいしくいただけます。この場合は、甘くなりすぎるので黒砂糖の加減をして下さい。ドライフルーツもお好みで試してみて下さい。黄粉は、飲み物として低脂肪牛乳を温めた中に入れても、ヘルシーで健康的な簡単飲み物になります。スキンミルクと一緒に溶いてもおいしくいただけます。朝食のパンと一緒にどうぞ。

美容と健康に良いきな粉ドリンクの作り方

kinako2
きな粉は大豆から作られるものですから、美容と健康にとても良いものです。そのため、きな粉を積極的に摂りたいと思うものですが、そのような時に簡単にできておいしいきな粉ドリンクがあります。その作り方は、以下の通りです。
まず豆乳をマグカップ1杯分鍋に入れて温めて、それにきな粉を大さじ1杯ほど入れます。好みによってきな粉の量を増やしても良いです。

また、骨を強くするなどのさらなる健康効果のアップを期待したい場合には、すりごまをいれても良いでしょう。ごまはカルシウムが豊富で、骨を強くしてくれます。またゴマの香ばしい香りが加わって、さらにおいしくもなります。
甘味を増したいと思う時は、はちみつか黒糖を入れますと、健康のために良いでしょう。

このドリンクは非常に簡単にできますから、ホッと一息つきたい時にすぐに作って飲むことができます。コーヒーやココアに飽きた時にも、良いと思います。
また、夜寝る前に豆乳の代わりに牛乳を使ってこのドリンクを作りますと、よく眠れるようになれます。牛乳は安眠効果があるものですから、ぐっすり眠って健康になるためにこのドリンクを作って飲むと良いでしょう。

ヨーグルト×ユーグレナ×きなこ

プレーンヨーグルトにきな粉と砂糖を入れて、よく混ぜて食べると、きな粉の和菓子をいただいてる味がして、おいしいです。ヨーグルトときな粉はすごくあいます。
アミノがとれるから、きな粉は積極的に取りたい食材!
kinako3

さらに、最近よく聞く言葉「ユーグレナ(ミドリムシ)」を含んだヨーグルトをよくコンビニなどで見かけますが、
このユーグレナヨーグルトを使うとより健康には良いと思います!
※ユーグレナ(ミドリムシ)ってなに・・?詳しくはコチラ→ ユーグレナサプリメント【ミドリムシ】のオススメ(^−^)
ishigaki1

甘酒で(ノンアルコール)ショウガを少し入れると、すごくおいしくなるけど、きな粉もここに追加するといいですよ。
その際、粉はダマができないように、しっかり混ぜましょう。

質素なところで言えば、白湯(さゆ)に、ただ、きな粉を入れただけのも、すごく味がおいしいですよ。
豆の風味が少しだけするから、こういう薄味があんまり最近はないから、いいかもしれないです。
豆の味なんですよ。当たり前なんだけど…

あずきの缶詰を買ったとき、これを食べるときにきな粉をたくさんまぶすと、すぐに、和菓子みたいになります。
うどんをゆでて冷やし、キッチンばさみで、ブツブツ切って、その上に掛けて食べれば、ふつうに冷たい和菓子になりますよ。即席でいけます!